Our Story

2013.12.18~2014.5.18 同地にてスターバックスコーヒー横手山山頂店を1シーズン限定オープン。
5ヶ月間という短い期間ではありましたが、学んだのは、長野県中のスターバックスから交替で同店舗の運営応援に駆けつけてくれたパートナー(スタッフ)たちが発するヒューマンスケールなホスピタリティ。
横手山、そして志賀高原の今後の発展に向けて大きな気付きを残してくれたスターバックスにただただ感謝。

さて、スターバックス後の横手山展望台2Fスペースをどうするか?インスピレーションを得たのは、スターバックス発祥の地、米国シアトル。現存するマーケットでは、全米で最も歴史の長い、パイク・プレイス・マーケットから1ブロック北に上がった1st Avenue沿いに店を構える「The Crumpet Shop」。ボーイング、マイクロソフト、スターバックス、アマゾンに代表される、世界で名を知られる大企業誕生の地として有名な同市にて1976年以来家族経営のスタイルを貫いているその姿勢は正に“Rock”以外の何ものでもない。「横手山山頂では、この“Rock”な精神が必要」と実感。

強烈な印象を受けたのは、表面はクリスピー、中はフワフワ&もっちりとした、新しい食感。これは絶対に日本人好み!
甘いもの、塩系のものをトッピングして、おやつとしても軽食としても美味しく楽しめる点も良い!
そして何よりも良いのは、世の中の「こだわりグルメブーム」からは遠いところにあること。
難しい顔をして評論する必要なんてない。ひと口頬張れば「あ~美味しい!」 思わず笑みがこぼれる。それが「スマイルフード」。横手山山頂にピッタリ。

そんなこんなで、2014.10月に入って「志賀高原クランペットカフェ構想」がソロリとスタートしました。
東京・東麻布でイギリス菓子教室 MORNINGTON CRESCENTを主宰する英国人ステイシー・ウォード氏のもとでクランペットのレシピを学んだり、必要な調理器具の中古、サーブウェアを探すのに合羽橋を徘徊したり、薪ストーブを新たに導入したり、夜な夜なヤフオクでの家具の落札に一喜一憂したり、慌しい日々が過ぎて行きました。

そして、2014.12.29 先ずは横手山山頂を訪れる皆さまに休憩出来る場所を提供したいという趣旨にて、飲み物のみの提供という形で静かに営業を開始しました。コーヒー、紅茶のみ。
主力商品の”クランペット“なしのクランペットカフェ・・・・・Rock!

その後、標高2307mの気圧、時には氷点下20度近くにもなる気温という横手山山頂の厳しい気象条件のもとで看板商品であるクランペットを完成させるべく試行錯誤を繰り返し、ようやく2月初旬頃から少しずつ同商品を提供させて頂けるステージに入り、この度フルメニューを揃えてのグランドオープンに至りました。

Our Poeple

巌真一宏

志賀高原クランペットカフェプロデューサー巌真一宏

神奈川県藤沢市在住。スターバックスコーヒージャパン株式会社勤務。
昨年度「標高日本一のスターバックス」を横手山山頂に期間限定オープンする際のプロジェクト総指揮。

同スターバックスの店舗は当初の契約通り昨冬シーズン終了と共に閉店したが、過去商社勤務時代に携わったスキー産業再生への思い、昨年一年間スターバックスとして関わる中で再発見した志賀高原の魅力、日本のテーマである地域活性化への強い問題意識、そしてスターバックスで培われた地域貢献の精神を原動力に、今年は全くの個人ボランティアとして志賀高原クランペットカフェをプロデュース。ほぼ毎週末藤沢から志賀高原に通う。

松本 剛

志賀高原クランペットカフェ マネージャー 松本 剛

長野県長野市在住。
雪山を楽しむエキスパート。
父親の影響で3歳にて志賀高原高天ヶ原でスキーと出会う。

小学校3年生の時からは、日本のスノーボードの歴史に確かな足跡を残した北志賀ハイツにて育つ。幼いながらも、新しいスノーボードカルチャーが生まれていく息吹のど真ん中という環境で大いに刺激を受けた。

中学校卒業と同時に16歳で米国メイン州 Carrabassett Valley Academyへスキー留学。約1年間の留学生活で、スキーと英語を学ぶと同時に、世界の広さ、スノーリゾートの在り方を肌で感じ取る。

帰国後は、長野市内の夜間高校に通いながらのレース生活。トレーニング場所として北アルプスの山小屋・涸沢ヒュッテに出会い、「スキー場で滑る」から「雪山で滑る」という感覚に変わって行く。
20歳で高校卒業と同時にそのまま涸沢ヒュッテに入社。冬は野沢温泉ロッヂにお世話になりながら自身の将来のスノーライフを模索し続けていた。
その後、横手山でのスキーインストラクターとしての仕事、横手山頂ヒュッテ勤務等々を経験。雪山から距離を置いた仕事に従事した時期もあったが、それぞれの形で雪山に関わり続ける兄達との再会等にも触発されて、冬に生きるという自身の思いが再燃し始めた。
そんなときに、志賀高原クランペットカフェ立ち上げのプロジェクトに出会い参画を決めた。

志賀高原クランペットカフェの活動に深みを生み出す上でのキーマン。

仲間募集中 Now hiring